日清食品グループ

リセット

Q. 中華麺を鍋でゆでていたら、鍋が黒くなってしまいました。

これはアルマイトやフッ素樹脂などの表面被膜加工が劣化した家庭用のアルミ鍋や、鍋焼商品に使われる簡易アルミ鍋で起こりやすく「アルミの黒変化現象」と呼ばれています。とくに中華麺やこんにゃくなどのアルカリ性の食材を煮ると黒変化しやすいようです。
軽金属協会様より発行の「アルミ調理器具ガイド」に次のような解説があります。弊社の再現テストでもその現象を確認しています。

黒変化はアルミと水とが反応を起こし、水酸化アルミをつくって表面に付着することが主な原因です。
この物質がさらに水の中のミネラル分等 (カルシウムや鉄など) と複雑な作用をして、アルミの表面に固着して黒く見えてしまいます。このように水や調理物に含まれる成分によるものですので、人体への影響を心配する必要はありません。
黒変の取り除き方は、輪切りにしたレモンの切り口で黒変部を丹念にこする方法と、水とリンゴの皮を入れて煮沸する方法などがありますが、完全にはとれない場合もあります。
どうしても取りたい場合はクレンザーやスチールたわしで落としてください。
黒変化を落とした後は再び黒変化しやすいので、米のとぎ汁に入れて10~15分煮沸します。そうすると表面に薄い皮膜ができて黒変化が起こりにくくなります。ただし、アルマイトに比べると非常に薄く弱い皮膜で短期で再度黒変化しますので定期的にお手入れすることをおすすめします。

お客さまの問題は解決されましたでしょうか?
ページトップヘ